na
na
Discover a New Galaxy of Coins
Shop Star Wars
Discover a New Galaxy of Coins
Shop Now

戴冠式と記念式典

収集する · 英国王族

 

戴冠式は伝統に彩られ、君主が神と国民に約束をする場です。 多くの人にとって、このような歴史的な瞬間は、新しい時代の幕開けを一堂に会して祝う一生に一度のチャンスです。英国王立造幣局は戴冠式メダルを製造してきた長い歴史を持ち、 その伝統はエドワード6世の治世に遡ります。

 

英国王立造幣局といえば硬貨のイメージが強いですが、戴冠式などの儀式を祝う主な記念品はメダルです。 実際、戴冠式の記念硬貨を初めて製造したのは1953年で、故エリザベス2世女王陛下の戴冠式を祝ってのことでした。

t9_articles_content_1200x600_intro_split feature.jpg

 

最近の治世ではそうではありませんが、過去には戴冠式の記念メダルが国民に配布されていました。 最初に配布された戴冠式メダルはジェームズ1世のために作られたものと考えられていますが、注目すべきことは、これらのメダルが一般に公開されなかったことです。

歴史上、戴冠式の金メダルは廷臣、貴族、枢密顧問官などの権威ある人々にのみ与えられ、それ以下の王室の使用人や廷臣は、侍従長によって配布された銀のメダルを受け取っていました。今日の社会では、個人がこれらのメダルを直接受け取るのに対し、戴冠式メダルの配布はかなり異なる方法で行われていました。

ヘンリー・ウラストン著『英国の戴冠式と祝典の公式メダル』に詳述されているように、戴冠式メダルはもともとウェストミンスター寺院の群衆の中に投げ込まれ、参列者は地面を這いずり回り、重要な出来事の記念の品を手に入れようとしました。ウィリアム4世の時代に発行された<171>『オブザーバー』誌には、次のような記述があります。

 

「王の慈善係は銀のメダルを群衆の中に投げ入れていた。 これは非常に滑稽な光景の火種となり、星章で覆われた将校や、傷だらけであることは間違いない将校が、外交官や従者、廷臣と格闘し、揉み合うのが見られ、乱闘の中で地面を転がる者もいた。」

 

別の新聞では、ヴィクトリア女王の戴冠式での同様の光景が見られたとを伝えています。

 

「一方、サリー伯爵は女王の王室会計官として、戴冠式のメダルを聖歌隊や下等の傍聴席に放り投げたが、これは劇場の威厳ある光景に見合う以上の面白さをもたらした。銀のかけらの争奪戦には、高名な裁判官、ブドウ色の枢密顧問官、恰幅の良い市会議員、バース騎士団、将校などがこぞって参加した。近衛兵たちは、この宝物を求めて長いすの間に飛び込み、2人が1つのメダルをめぐって争う姿が見られた。数本の剣が折れ、すべての階級が、激動の忠誠心の表明の中で忘れ去られた。

 

興味深いことに、英国王立造幣局で働いていた偉大な彫刻師の中には、戴冠式のメダルを通じて君主を祝う役割を担った者もいました。 ベネデット・ピストルッチはジョージ4世とヴィクトリア女王の公式肖像を手掛け、彼のライバルだったウィリアム・ワイオンRAはウィリアム4世の肖像を手掛けました。

女王エリザベス2世の戴冠式が行われるまで、戴冠式にちなんだ記念硬貨を発行することはありませんでした。 この儀式に敬意を表して発売された5ポンド「クラウン」硬貨の表面には女王エリザベス2世の騎馬像が描かれており、裏面にはセシル・トーマスとエドガー・フラーによるデザインが採用されています。 この硬貨の裏面のデザインは、2022年9月の女王エリザベス2世の悲しいご逝去を受け、その生涯と遺産に対する痛烈な賛辞として、昨年発売された英国50ペンス硬貨にも採用されています。

チャールズ3世国王陛下の戴冠を記念して、戴冠式硬貨コレクションを発売します。 このコレクションは、国王陛下の歴史的な戴冠式を記念して、3種類の新しい裏面デザインを採用し、様々なエディションやサイズの記念硬貨をご用意しています。 また、このコレクションには、英国王立造幣局限定の戴冠式メダルもご用意しています。

 

t9_articles_1200x600_content.jpg

 

歴史的瞬間を感じる

Feefo logo